907号室の場合

architect西澤徹夫建築事務所

address東京都

新建築  2016年12月号 138P

1980年代に建てられたマンションの1住戸の改修.建主が所有するたくさんのモノの集まりが小さな場所性をつくるように,可動するものと固定された躯体とを調整する操作がなされた.空間に強い基準をつくるのではなく,造作とモノとのかたまりが偏在するようにする.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
SHIFT + ⇄
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
クリックでビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。